スーツがモテる人とモテない人を分ける?

スーツは男性の多くが着用する仕事着であり、正装です。会社勤めのサラリーマンの方は普段から着用するでしょうし、そうでない私服出勤の方もパーティやイベントにはスーツで出席するのではないでしょうか。また冠婚葬祭の時にも必要不可欠な服装となります。そのようなスーツですが、単なる作業着、必要な衣類という意味合いだけではなく素敵な物を選ぶ必要があります。

なぜなら、この良し悪しでモテるモテないに直結するためです。なぜなら、スーツをかっこ良く着用している男性に対して、女性が憧れを抱きやすいためです。スマートに着こなせている方はそれだけで仕事が出来るようにも見えますし、誠実そうに見えます。一方着こなせていない場合は、身なりに無頓着だと思われたり、ルーズさを感じさせてしまいます。

高校生のようなルーズに着崩すのは社会人として恥ずかしい事ですので、サイズ感を意識して洗練されたスタイルを築く必要があります。そのために重要な事はやはり、サイズ感です。肩は少しつまめる程度にする事や、腰回りが少し細くなっていること、また袖の長さが長すぎず短すぎない、少しシャツが見える程度にするといった原則を守らなければなりません。また、マナーを重視するのであれば下のボタンは外すもしくは、三つボタンのジャケットの場合は真ん中だけを留めるといった具合です。

スーツは、アイテム自体がお洒落であるかという事だけでなく、ビジネスマナーなどの教養面を測る物になりますので、モテる男性でありたいと思う方は気をつけて選び、マナーを身につける必要があるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*