スーツを長持ちさせるためのお手入れ方法

スーツは仕事で着ることや、冠婚葬祭などで着る機会があるかと思います。特に、毎日仕事でスーツを着ている人は、シワや汚れがついて困ったり、すぐに傷んで買替えた、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。スーツをより長く、きれいな状態で着られるようにするには、日頃からの家でのお手入れが大切です。まず一つ目は、毎日同じスーツを続けて着ないことです。

1日着たら2日休ませることが大切です。毎日着ていると生地への負担も大きくなり、シワが出きても自然に元に戻るのに時間がかかるため、どうしても早く傷んでしまいます。ウールなどは、復元力が生地自体にあるため、休ませることである程度は戻ってくれます。1日着た後は、ハンガーに吊るしブラシで埃を取り、通気性の良いところにかけて置くのが良いです。

また、掛けていてもシワが取れない場合は、スチームアイロンで当て布をしながら、シワを伸ばしたり、ズボンプレッサーでお手入れしておいた方が良いでしょう。二つ目は、シミがついた場合ですが、油汚れは生地の中まで浸透しやいため、乾いた布ですばやく拭き取ります。その後、下にタオルを敷いて、ベンジンで上から叩きながら汚れを取ります。最後に固く絞ったタオルで叩いて、乾燥させておきます。

油を含まない汚れの場合は、下にタオルを敷いて、水に濡らしたタオルで上から叩き、下のタオルに汚れを染み込ませるように取ります。頑固な汚れは、中性洗剤などを含ませて汚れを取り、その後固く絞ったタオルで拭き取ります。このように、日頃からお手入れをすることで、スーツを長く愛用することができます。シーズンが終わったら、クリーニングに出すことも大切です。

クリーニングから戻ってきたときに掛けてあるビニール袋は、そのままにしておくと湿気がたまり、カビや臭いの原因になるため、外して通気性の良いところに保管するようにした方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*