ファッションは内面をあらわす?

「人を外見で判断してはいけない」、「第一印象は見た目で決まる」。それぞれ相反する事を言っているように思えますが、どちらの言葉もあながち間違っていません。人を外見『だけ』で判断するのは愚かなことですし、TPOをわきまえた清潔感のある服装は好ましく思えるのも当然です。自分はファッションに興味ないから…。

そんな風に考えて外見を磨くことをおろそかにしてしまってはいませんか?人の内面と外見は切り取って区別できるものではありません。外見が他人の内面に与える印象もあれば、自分の内面が知らず知らず外見にあらわれている事もあるのです。ファッションはただの自己満足の飾り物ではありません。自分の外見を自らマネジメントすることで、他人へ与える印象をガラリと変える事ができるのです。

だらしない、清潔感のない格好をしていては、いくら内面に自信があったとしてもそれを人に知ってもらう段階へ進めないのです。「内面の一番外側が外見」とも言われます。これはなにもその人の顔立ちなどの美醜を指しているのではありません。相手にどんな印象を与えたいか、自分のどんな内面を知ってほしいか、それをあらわすのに役に立つのがファッションなのです。

ファッションにあまり興味がないという人も、流行ばかり追って自分らしさを忘れてしまった人も、もう一度ファッションの有効性について考え、その力を上手に活用しながら自分らしく楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*