ファッション小物に使うイールスキン

バッグや財布などのファッション小物を購入する時に、素材にこだわっている人はイールスキンを見つけることができます。イールスキンとはヌタウナギの皮のことです。ファッション小物ではワニやヘビ、牛の皮は有名ですが、イールスキンも優れた性質を持っています。イールスキンは非常に軽いです。

長財布くらいの大きさでも100gほどしかありません。財布にはお札やカードなどが入っているので重くなりやすいです。女性は財布をバッグに入れることが多いので、バッグまで重たくなり肩こりを引き起こします。イールスキンなら財布の重量を軽くできるので、持ち運びに適しています。

強度は牛の1.5倍で、耐久性にも優れています。赤から青、黄色など様々な色で加工できるので、ファッション性を高めたい人のニーズにも応えています。使い続けると味が出るのは、革製品の共通の魅力です。耐久性があるため使っていたら味が出て、さらに愛着を持つケースも多いです。

丈夫な素材ですが、ゴワゴワしているわけではありません。触ると柔らかいので上品さがあります。水に濡れたら色落ちやシミを防ぐために、できるだけ早く拭き取ります。元々の性質から防水や耐水加工を施していないため、水による色落ちは他の革製品よりも起こりやすいです。

欧米ではイールスキンのファッション小物を持っていると、金運や幸運に恵まれると言われています。大自然で育ったヌタウナギは、色が場所によって異なり傷跡やシワなど商品によって個性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*