クリーニングと家庭での洗濯の違い

みなさんはクリーニング店を利用したことはありますか。最近は家庭用洗濯機や洗濯洗剤の性能が上がってきたので、クリーニング店を利用しなくてもいいのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし、クリーニング店を上手に利用することは、衣類を長持ちさせるためには大事なポイントです。今回はその洗浄方法の種類と、家庭での洗濯との違いについて紹介します。

まず、洗浄方法の種類は大きく分けてドライ、ウェット、ランドリーの3種類があります。ドライは、水洗いすると縮んだり、型崩れしたりする絹や毛などの衣類を洗うのに適しています。水の代わりに油を原料にした溶剤を使って洗浄するため、油汚れをきれいに落とすことができます。ウェットは、水洗いできない衣料を水洗いすることで、ドライ洗浄では落とすことができない汗などの水溶性の汚れを落とします。

ランドリーはワイシャツやシーツなど水洗いができる衣類を石けんや洗剤、漂白剤を使って高温で洗浄します。クリーニング店では、衣類の特徴や汚れに応じて洗浄方法を使い分けています。家庭での洗濯との違いは、まず家庭ではできないドライ洗浄をしてくれる点です。家庭でもドライ表示の衣料を洗うことができるという方もいるかもしれませんが、ドライ表示用の洗濯洗剤は衣類の型崩れや縮みを抑えるように工夫してある洗剤であって、ドライ洗浄ができるわけではありません。

家庭用洗濯機は水でしか洗濯できないため、油汚れなどの汚れは完璧には落ちきらず、衣類に蓄積してしまいます。次に、殺菌作用が非常に強力な点です。クリーニング店では、洗浄時に水ではなく、高温水を使用するため、衣類に付着した細菌を確実に死滅させます。さらにプレス仕上げなどの高温処理をかけることで菌を一掃することができるので、家庭で洗濯するよりも衛生的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*